IT資格問題集の試験範囲を徹底分析&網羅! 問題集売上No.1

ktestの試験問題集で何らかの理由で資格取得が必要な方に、最短パスをお伝えします。

LPIC レベル 1 102-400J日本語版出題範囲変更のメリット


2015 年 6 月 1 日(予定)より、日本語版のレベル 1 の出題範囲を改訂します。
改訂時期は変更になる場合がございますのでご了承ください。
改訂後の出題範囲のバージョンは、Ver4.0 となります。

LPIC レベル 1(Ver4.0)の出題範囲(英語)
http://wiki.lpi.org/wiki/LPIC-1_Objectives_V4

■出題範囲変更のメリット
メジャーなディストリビューションで使われている「systemd」の採用など、新しく使われるようになっているツー
ル類を取り入れ、各出題範囲の重要度を見直すことにより、最新の技術的な変化に対応します。
それにより、LPIC-1 の認定者は最新のテクノロジーに追随したスキルを持つことを証明することができます。


今の競争の激しいのIT業界の中にLpi LPIC-1認定資格に合格して、自分の社会地位を高めることができます。KtestのIT資格で経験豊富な専門家たちが正確で、合理的なLpi102-400J試験参考書を作り上げました。弊社の勉強の商品を選んで、多くの時間とエネルギーを節約こともできます。LPIC-1認定資格認定合格になるチャンスを提供する専門家たちに作り上げられます。KtestLpiLPIC-1認定資格の102-400J試験問題集に自信があるので、お客様が合格ライン点数で試験パスできると100%に確信できます。今から、LPI Level 1 Exam 102, Junior Level Linux Certification,Part 2 of 2 日本語版試験問題集を使ってみましょう。

 

レベル1認定の必須試験は102-400J日本語版試験参考書は簡単ではありません。専門的な知識が必要で、もしあなたはまだこの方面の知識を欠かれば、Ktestは君に向ける知識を提供いたします。Ktestの専門家チームは彼らの知識や経験を利用してあなたの知識を広めることを助けています。そしてあなたに102-400J試験参考書に関するテスト問題と解答が分析して差し上げるうちにあなたのIT専門知識を固めています。Ktestはその近道を提供し、君の多くの時間と労力も節約します。KtestはLPIC-1資格のLPI Level 1 Exam 102, Junior Level Linux Certification,Part 2 of 2 日本語版試験参考書に向けてもっともよい問題集を研究しています。

 

1.  トピック1、シェル、スクリプトおよびデータ管理
次のコマンドシーケンスはどのような出力を生成しますか?
echo '1 2 3 4 5 6' | while read a b c; do
echo result: $c $b $a;
done
A. result: 3 4 5 6 2 1
B. result: 1 2 3 4 5 6
C. result: 6 5 4
D. result: 6 5 4 3 2 1
E. result: 3 2 1
Answer: A

2.  コマンドecho $ outputs 1を実行すると、次のいずれかのステートメントが true になりますか?
A. echoコマンドのプロセス IDです。
B.現在のシェルのプロセス IDです。
C.エコー直前に実行されたコマンドの終了値です。
D. echoコマンドの終了値です。
Answer: C

3.  正しいテキスト
次の SQL文にはどのような単語がありませんか?
tablename ________(909、 'text')に挿入します。
(欠落している単語は、小文字のみで指定してください。)
Answer: VALUES, values

4. VARIABLE という名前のシェル変数をサブシェルに表示させるコマンドはどれですか?
A. export $VARIABLE
B. export VARIABLE
C. set $VARIABLE
D. set VARIABLE
E. env VARIABLE
Answer: B

5.  コマンドseq 10 はどのような出力を生成しますか?
A.数が連続的に増加し、停止するまで 10ずつ増加します。
B. 1〜10の数字は 1行に 1つの数字です。
C. 0〜9の数字は 1行につき 1つの数字です。
D.数字は 10から標準出力までです。
Answer: B