IT資格問題集の試験範囲を徹底分析&網羅! 問題集売上No.1

ktestの試験問題集で何らかの理由で資格取得が必要な方に、最短パスをお伝えします。

ktestは70-347試験範囲と出題比率を紹介し、ご参考ください。

試験 70-347 Enabling Office 365 Services
配信開始: 2014 年 2 月 17 日
言語: 英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)、スペイン語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Office 365
対応資格: MCP、MCSA

70-347動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=hBhhTTEEKZs

 

70-347試験範囲と出題比率
クライアントおよびエンド ユーザー デバイスの管理 (20-25%)
SharePoint Online サイト コレクションのプロビジョニング (20-25%)
Exchange Online と Skype for Business Online のエンド ユーザー向けの構成 (25-30%)
Exchange Online と Skype for Business Online の計画 (25-30%)

70-347受験対象者へ:
70-347試験の受験者としては、依存関係、要件、サポート テクノロジも含めた Office 365 サービスの評価、計画、導入、操作を担当する IT プロフェッショナルを対象としています。受験者は、Office 365 管理センターに関する経験があり、Microsoft Exchange Online、Skype for Business Online、SharePoint Online、Office 365 ProPlus、Microsoft Azure Active Directory について理解している必要があります。これには、サービスの説明、構成オプション、組織のビジネス要件をサポートするための既存の ID 管理および内部設置型インフラストラクチャとのサービスの統合に関する経験が含まれます。


Ktestの70-347認定試験問題集はあなたがMicrosoft Office 365資格に準備するときに最も欠かせない資料です。

ktestのMicrosoft Office 365資格70-347試験に合格して彼らのよりよい仕事を探せるチャンスは多くなります。